商品プランナー、商品開発士の認定は、わが国では唯一、日本商品開発士会がその資格認定を行っています。

 



 

 


 

 

社団法人日本販路コーディネータ協会

 JMC(社)日本販路コーディネータ協会 トップページ 法人概要 養成講座お問い合わせリンク
JMCP 日本商品開発士会認定講師について

JMCP認定 日本商品開発士会認定講師制度
商品開発コーディネーターは、
協会の講師養成研修(毎年1月)を受講し、「面談審査」、「論文審査」に合格、登録申請書類と自己プロフィールを提出し審査を受けることで、JMCPの商品プランナー及び商品開発士の認定講師として登録できます。

日本商品開発士会では毎年度、企業及び公的研修、資格認定研修プログラムやMMP等の認定講師を認定しています。
内閣府の食の6次産業化プロデューサーの協会講師や、協会からの各都道府県の派遣者講師、東京都中央会などの専門家派遣の方々などは、認定講師登録者が条件となっており、協会認定講師の方は各産業界で幅広く活躍されています。

<認定講師による研修>  
日本商品開発士会の認定講師は、商品開発コーディネーター資格取得者であって、協会の講師養成研修を 受講し、面談審査、論文審査に合格、登録申請書類と自己プロフィールを提出、審査を受けることで、 協会認定講師として登録されます。


手続き
企業、行政機関、専門学校、大学の講師派遣依頼や、協会主催の資格研修担当講師について、下記のように認定講師登録制度を設けています。認定講師は、商品開発士、もしくは商品開発コーディネーター資格取得者であって、協会の講師養成研修を 受講し、面談審査、論文審査に合格、登録申請書類と自己プロフィールを提出することで、 協会認定講師として登録されます。
また、各学校、企業等にて協会のカリキュラムに基づき、講座を開設していただくこともできます(講師規定を遵守いただきます)。
※なお、講師の紹介斡旋等はしておりません。

登録料
・新規登録の方
 どちらも、研修受講料および審査料・・・税込28,080円(テキスト・面接および論文審査料、初年度登録料含む)
 テキストは当日配布します

 ・登録更新時
 認定講師登録料・・・5,400円/年(研修受講または更新者Eラーニング講座受講料を含む )

・セールスレップ・販路コーディネータ協同組合員
 
・認定講師登録料・・・新規の場合税込28,080円(テキスト・面接および論文審査料、初年度登録料含む)
 ・登録更新時・・・組合員無料 (ただし研修会に欠席、e-ラーニング対応の場合、実費として1,800円かかります)

お申込み手続き

(1)認定講師養成研修の受講(更新時はEラーニング受講可能)
(2)初回登録時は登録審査(面談審査、小論文審査)の合格
(3)登録申請、自己プロフィールの提出

2017年度認定講師養成研修会
開催日時
2017年度認定講師講習会

日時:2017年1月22日(日)
・10:00〜12:00 【販路コーディネータ/商品開発コーディネーター/セールスレップ】
講師指導要領及び講習会
セミナー講師、講演活動の事例
新規認定講師面談審査 
(新規登録申請者のみ、面談後より1ヶ月以内に論文提出) 

※観光コーディネーター資格もお持ちの方はこちら
会場 中央工学校附属日本語学校(地図
資格 商品開発コーディネーター
当日持参品

・商品開発学
・商品開発士公式テキスト
・身分証明書

料金

新規登録の方:28,080円(テキスト・研修・面接および論文審査料、初年度登録料含む)

登録更新の方:5,400円のみ
※セールスレップ・販路コーディネータ協同組合員 更新料無料(新規登録の場合は有料)
ただし研修会に欠席、e-ラーニング対応の場合、実費として1800円かかります。

受付期限 2017年1月15日(日)
お申込み 受付終了


なお、学校教育機関様等を対象とした学校導入参考事例はこちらから。

     JMC(社)日本販路コーディネータ協会日本商品開発士会 (社)日本販路コーディネータ協会内
    〒115-0045 東京都北区赤羽西4-4-2 倉上ビル1階
    Eメール info@jmcp.jp
    電話:03-5948-6581(代表)

    Copyright(c)JMC. All Right Reserved.

新刊情報


学校認定校制度



商品プランナー認定 
本協会認定の教育課程を履修し単位修得した者に、学校の申請に基づき資格認定証を 授与