商品プランナー、商品開発士の認定は、わが国では唯一、日本商品開発士会がその資格認定を行っています。




 
 

 

社団法人日本販路コーディネータ協会

日本商品開発士会 トップページ 法人概要 養成講座お問い合わせリンク 
商品プランナー よくあるご質問(FAQ)
 

Q 受験票はどのように発送されますか?
A
※ウェブ申込の方はEメールにて受験票をお送りいたします。FAX/郵送申込の方は書面にてお送りいたします。


Q 試験会場はいつ発表されますか?
A 試験会場は受験票にてお知らせいたしますので、事前のお問い合せはご遠慮願います。なお、試験会場の決定には、ご住所などは考慮いたしかねますので何卒ご容赦下さい。


Q 合格の基準は?
A 正答率60%以上で合格と認定します。


Q 商品プランナーの合格率はどれくらいですか?
A 研修小試験で90%、一斉試験で75〜80%程度です。



Q
受験地の変更の変更はできますか?
A 出願申請後の受験地の変更はできません。受験地はよく確認して正確にご記入下さい。


Q 振り込みにあたって、受験費用、用語集、問題集代金を合わせて振り込むことは可能でしょうか?
A はい、できます。なお、テキストは書店等でお求めください。なお、テキストを除く一括納入の際は、下記、メールアドレス宛、受験費用、用語集、問題集代金振り込みのご一報をいただけますと幸いです。
Eメール support@jmcp.jp(代)


Q
試験中はテキストを見ることができますか?
A いいえ、試験中はテキストを開くことはできません。


Q
受験票をなくしてしまいました。再発行してもらえますか?
A はい、再発行できます。「受験票再発行希望」と明記し、住所、氏名、受験級を書いたメモと再発行手数料として200円分の切手を封筒に入れて検定事務局あてにお送り下さい。折り返し再発行した受験票を郵送いたします。


Q 合格証をなくしてしまいました。再発行してもらえますか?
A 再発行できます。「合格証再発行希望」と明記し、受験番号、住所、氏名、受験級を書いたメモと再発行手数料として1,050円となります。検定事務局あてにお送りください。折り返し再発行した合格証を郵送いたします。但し、再発行には少々お時間をいただく場合もございます。


Q 事例問題集をなくしてしまいました。再発行してもらえますか?
A 再発行できます。「事例問題集●級再発行希望」と明記し、受験番号、住所、氏名、受験級を書いたメモを検定事務局あてにお送りください。再発行手数料として実費分がかかります。折り返し再発行の事例問題集を郵送いたします。但し、再発行には少々お時間をいただく場合もございます。ご一報をいただけますと幸いです。
Eメール support@jmcp.jp((代)

Q 試験合格後の登録などの手続きを教えてください。
A 試験に合格された後、資格登録手続きを完了いただくことで、、商品プランナーとし認定されます。 年会費 ・ 商品プランナーは、協会の会員として登録することができます。
資格試験に合格した後、初回資格登録料10,800円、年間登録料12,960円を納付、登録手続きが完了すると協会認定の商品プランナーとして登録され、商品プランナー資格認定証が交付されます。 商品プランナー資格登録者は商品開発士の資格研修及び一斉試験を受験する資格を有します。商品プランナー資格の登録有効期間は1年間です。登録を継続する場合は、年間登録料12,960円を納付し、手続きが完了すると更新されます(日本商品開発士会の認定校では3年間の登録猶予期間があります)。
※申請期間内に登録手続きが完了しない場合は「登録する権利」が失効します。


Q
商品プランナーから商品開発士になった場合、登録料の負担はどうなるのでしょうか?
A 商品プランナーから商品開発士になった場合
2重の負担はございません。なお、登録有効期間は、商品プランナーの資格登録日を基準とさせて更新期日とさせていただきます。以後は1年ごとの更新(年間12,960円)となります。 ※申請期間内に登録手続きが完了しない場合は「登録する権利」が失効します。


Q
商品プランナーと商品開発士の併願受験で、
商品開発士だけ合格した場合は商品開発士として登録できますか?
A
商品プランナーと商品開発士の併願は、例外として設けてあります。商品開発士会への資格登録は商品プランナー資格が必要となります。
もし商品開発士のみ合格で、商品プランナーが不合格の場合、 商品プランナー合格まで1年間は有効として保留させていただき、 合格後にご登録いただいてから、 両方の資格の認定証を発行いたします。商品開発士認定証の発行日は商品プランナー資格の発行日となります。


Q
商品プランナー試験合格後、名刺や封筒などに認証マークを印刷したいのですが、何か決まりなどありますか?
A
認定マークおよび登録資格のご利用にあたっては、下記ホームページのご利用案内をご確認の上、ご活用ください。
http://www.jmcp.jp/logo.html


Q 商品プランナー試験合格後、資格登録をするのはなぜですか?また、住民票を提出するのはなぜですか?
A
協会発行の資格にご登録いただくにあたっては協会として責任をもって認定証を発行させていただいております。 協会で認定を受けた方は、ご登録期間中、名刺に表記、経歴書等に記載などもできます。そのためのご登録費用でございます。 住民票につきましても、ご本人確認の書類として基本的に住所氏名が確認できる住民票(コピー可)をご提出いただいておりますが、確認書類について、ご事情に応じてご相談をお受けしております。

Q 協会ではこれまでどのような取組みを行ってきたのでしょうか。
A はい、大きな取組としては経済産業省、農林水産省の推進する、農商工観光連携人材育成事業や、6次産業化、いままで、(社)日本販路コーディネータ協会は、公的マーケティング支援事業、研修活動、活路開拓支援活動などを、全国各地で実施させていただきましたが、この研修は、全国中小企業団体中央会の認定を受けて、一般社団法人日本販路コーディネータ協会が運営を行ってきました。また、文部科学省の事業として専門学校用の研修カリキュラム開発などがあります。


JMC(社)日本販路コーディネータ協会
日本商品開発士会 (社)日本販路コーディネータ協会内

〒115-0055 東京都北区赤羽西4-4-2 倉上ビル1階 
Eメール info@jmcp.jp
電話:03-5948-6581(代表)

新刊情報


学校認定校制度



商品プランナー認定 
本協会認定の教育課程を履修し単位修得した者に、学校の申請に基づき資格認定証を 授与


Copyright(c)JMC. All Right Reserved.