商品プランナー、商品開発士の認定は、わが国では唯一、日本商品開発士会がその資格認定を行っています。


 



Product planner





Pruduct producer


 


 
Pruduct coordinator

 
 

社団法人日本販路コーディネータ協会

 

JMC(社)日本販路コーディネータ協会 トップページ 法人概要 養成講座お問い合わせリンク

「商品プランナー」認定校での資格取得養成コース

JMCグループでは、商品プランナー、観光プランナー、観光特産士、販路コーディネーターなどの資格検定を展開しています。 専門学校や大学、認定校でのカリキュラムとして、@商品プランナーA観光プランナーB観光コーディネーター・キャンディデートなどの20時間、雇用センター・訓練校などでは40〜160時間のプログラムを用意しています。

また、学校独自の研修時間のコマ時間設定、試験対策講座設定などで実施することができ、それらのカリキュラムのアドバイスも行っています。協会の認定校では、学校の既存講師への研修や、資格登録の3年間の猶予措置、テキスト、試験受験料などの学生割引措置なども充実させています。  

協会ではそのための学校の在住講師が指導できるような仕組みと、 学校の独自教育を尊重しています。 また、認定校様では、年間スケジュールや受講生徒の就職、卒業等のタイミングなどにあわせて、個別に試験を校内で実施することができます。


専門学校・短大・大学検定認定校のご登録方法について
「商品プランナー」の認定校
当協会では専門学校・短大・大学を対象とし、学内で商品プランナー講座を受講された方を対象に、『商品プランナー』の認定制度を設けています。
なお、合わせて商品プランナーの授業用テキストは、アカデミック割引として2,000円に設定されており、
通常卒業後3年資格登録猶予の措置が適用され、就職時にも商品プランナーの資格取得の記載ができます。

認定校になるには、ご登録費用など一切、経費はかかりません。
検定認定校として認定を受けるには、ご登録が必要となります。簡単な登録ですので、ぜひご申請ください。
1.通学できる専門学校・短大・大学が対象になります。
2.協会事務局からの申請書類をいただければ、審査の上、即時検定認定校として認定されます。
3.貴校講師、教員の方への研修をご希望の場合は、別途ご相談に応じさせていただいております。

認定校の申請方法
認定校の申請は以下の書類を提出し、審査を受ける必要があります。費用は不要です。
協会事務局から申請書をお送りさせていただきますので、下記宛メール、お電話等でご申請ください。
Email support@jmcp.jp
TEL 03-5948-6581(代表) 
〒115-0055 東京都北区赤羽西4-4-2 倉上ビル1階 
日本商品開発士会事務局


学生の方へ
・認定校における受験ガイド
認定校の専門学校、短期大学、大学生を対象としています。
認定校であるかどうかは学校の窓口にご確認ください。認定校でない場合は、「商品プランナー」認定校をご案内いただき、学校窓口にご相談ください。
これらの知識やスキルを一定の審査基準に、この検定を上記の学校法人等で申請し、試験に合格されることにより、
商品プランナーを取得できます。


卒業時に活躍できる職種
メーカーの商品開発部門及び衣食住などの商品開発、流通系の商品開発にかかわる業種を対象としています。

ご申請やご質問など、下記宛、メール、またはお電話にてご連絡ください。

これまでの複数の大学導入の事例

授業の目標
-到達目標-


本講義は、商品企画開発の基礎を学びます。
「商品プランナー」(日本商品開発士会資格)を取得することを目的とした講義です。

「商品プランナー」とは、ブランドごとの対象客層、価格ランク、基本的なブランドのイメージ設定、さらにシーズンごとの市場調査や流行などの情報分析に基づいた商品企画の流れを知り、コンセプトメーキングを行なう商品プラニングの役割を担う人材です。

本講義を受講し、講義内で実施する資格試験に合格すると、「商品プランナー」の資格を取得し、履歴書等に記載することができます。幅広い商品企画実務が習得できます。

科目の位置づけ
-専門分野の領域-


商品プランナーは、商品企画の基礎的知識とスキル習得のほか、デザインコンセプトメーキング、ネーミング、著作権他、商標、意匠法な基礎的な知識と関連法規や、広報、広告、マーケティング等に関する知識・技術のみならず、企画・提案力、クレーム処理を含む社会人基礎力、問題解決力、プレゼンテーション力、コミュニケーション力などの知識を持つ人材の方のための資格です。

これらの活動を取りまとめ、推進し、商品開発を牽引する役割を担う商品プランナーとしての知識、ノウハウ、スキルを体系的に学び、資格を取得します。

授業の内容・
講義手法の概要


「商品プランナー公式テキスト」に沿い、T.商品プランナー・マーケティング、市場調査の基礎 U.商品プランナー・商品企画の基礎 V.商品プランナー・デザインコンセプトメーキング基礎 W.商品プランナー・プレゼンテーションなどの基礎を学習し、その後、試験対策講義を行います。

授業計画


1. 講義全般説明、商品プランナーの役割 
2. 開発商品マーケティングの基礎と社会人基礎力
3. 開発商品マーケティングの基礎
4. 開発商品市場調査の基礎
5. 開発商品のコンセプトメーキングの基礎
6. 開発商品のデザインコンセプトメーキングの基礎
7. 企画コミュニケーションの基礎@
8. 企画コミュニケーションの基礎A
9. 開発商品の試作・媒体作成の基礎@
10.開発商品の試作・媒体作成の基礎A
11.開発商品プレゼンテーションの基礎@
12.開発商品プレゼンテーションの基礎A
13.資格認定試験対策(模擬試験)@
14.資格認定試験対策(模擬試験)A
15.確認試験

評価の方法・基準

・講義の評価は授業参加度(出席回数・受講態度等)と試験により総合的に判断されます。
・講義終了後の資格認定試験(選択式全70問・60分)では60%以上の正答で合格となり、「商品プランナー」の資格を取得できます。

指定教科書
参考文献等

・「商品プランナー公式テキスト」の受講者全員購入が必須です。(定価2,700円を2,000円税別で販売します)

履修上の留意点

・受験には受験料5,000円税別(正規受験料7,000円税別のところ)が必要となります。
・合格証は在学中および卒業後3年間有効です。その後、資格を継続するには日本商品開発士会において更新の手続き(登録料3年間12,960円税込)が必要です。
・合格者は、就職活動などにおいて、「商品プランナー」を履歴書等に記載することができます。
・商品プランナー合格者は合格証の有効期間中に更新手続きを行うことで上級の「商品開発士」の試験・研修を受講する資格を得ます。

※税込価格は消費税8%(2018年)のもので変更される可能性があります。

学校導入のカリキュラム事例
講義終了後に本来6月・11月の年2回、全国主要都市会場で実施される「資格認定試験」を、認定校として実施校学内において受験することができます。

科 目 名 開講年次 開講期 単位数 科目区分
商品プランナー実務論(仮題) 2年次又は3年次 標準:後期 標準:2単位 選択・必修共あり


専門学校・短大・大学検定認定校のご登録方法

商品プランナーの認定校
当協会では専門学校・短大・大学を対象とし、認定校で商品プランナー認定カリキュラムを受講された方を対象に、認定制度を設けています。
認定校として認定を受けるには下記の3つの要件が必要となります。
1.認定校になるには一切,経費はかかりません
2.通学できる専門学校・短大・大学が対象になります。
3.協会事務局からの申請書類をいただければ、審査の上、即時検定認定校として認定されます。


認定校の申請方法

認定校の申請は以下の書類を提出し、審査を受ける必要があります。費用は不要です。
協会事務局から申請書をお送りしますので、ご記入のうえご返送ください。

【対象認定校】全国の専門学校、短期大学、大学
【「提出書類】協会から送付の認定校申請書(雛形)
【費用】一切、不要です

1.受験方法
認定校様が受験票をまとめて受験をお申し込みください。協会からの受験票や合否結果通知書の発送は団体申込責任者宛になります。
所定の実施日内で、申込責任者が設定してください。
申込責任者の監督のもとで、自校内において受験していただきます。

2.受験者の集約、検定料の集金
申込人数を確定してください。 各申込者から、お申し込みの前に検定料をご集金ください。テキストにつきましては、申込書にご記載の上、一括指定銀行口座までご入金ください。
ご入金確認次第、公式テキスト(事例問題集、用語集、参考書などご要望に基づき)を一括送付させていただきます。

3.協会より申込責任者宛に申込受理のメールを送信
お申し込み時に、Eメールをご記入いただいた団体には、申込受理の旨をEメールにてお知らせいたします。

4.お振り込み
申込期限内に、協会の指定銀行口座まで検定料をご入金ください。

5.協会より申込責任者宛に各受験者の受験番号等を郵送
検定日の10日前までに、以下の書類を団体申込責任者宛にお送りいたします。
お申し込みいただいた内容と間違いがないか、ご確認ください。
検定日の10日前を過ぎても書類が届かない場合は、必ず協会までご連絡ください。

6.協会より申込責任者宛に試験問題等を郵送
検定日の4〜5日前に、試験問題、試験ガイド等をお送りいたします。
不備がないか、中身をご確認ください。
検定日の3日前になっても資料、配布物が届かない場合は、必ず協会までご連絡ください。

7.試験
申込責任者が定めた会場にて、申込責任者の監督のもとで受験していただきます。
申込責任者は、厳正公平に試験を実施してください。

8.結果通知
申込責任者宛に、合否にかかわらず受験者全員分の結果通知、合格証を郵送します。

教材:公式テキスト
学生割引を適用  

●受験料
正規金額7,000円+税)
学生割引を適用、合格証を発行  5,600円(税込6,048円)

●試験内容
記述式および選択式全50問(70分)
60%以上の正答で合格となります。
公式テキスト、用語集から出題されます。

●「商品プランナー」合格証発行・登録猶予措置とテキスト割引など 試験日は任意に設定できます。
受験料及び合格者には合格証の発行まで、団体割引の適用で1人5,600円(税込6,048円)となっています。 
また、資格登録3年猶予措置があり、資格登録は必須としておりませんが、就職活動などに際しては商品プランナー合格(※)の記載ができます。 
また、認定校の生徒用のテキスト、用語集、事例集などの割り引き対応をしています。

※受験料及び合格者には合格証の発行まで、団体割引の適用で1人5,600円(税込6,048円)となっています。 
※合格証発行のみの場合は、貴校の生徒が、就職された後、自分の意思で商品プランナーの認定登録を希望した場合への対応として、合格登録日から3年間は その権利を有するものとしています。 
※卒業後などで、本資格登録(※)を希望する生徒には、会員登録証を発行いたします(その際、会員登録には別途、年間費用がかかります)。 

●事前の科目 事前の科目導入、科目等の設定のために、認定校様にはテキスト、用語集、事例集、書籍など1セットを割引対応しています。

商品プランナー研修による資格取得はこちら
一斉試験による資格取得はこちら

<お問い合わせ先>

 日本商品開発士会

日本商品開発士会 (社)日本販路コーディネータ協会内
〒115-0055  東京都北区赤羽西4-4-2 倉上ビル1階
Eメール info@jmcp.jp

TEL 03-5948-6581(代表)
JR 赤羽駅(徒歩6分)
土日祭日は休日となります。
窓口の受付は、平日10:00〜16:00とさせていただいております。
※お越しの際は、必ず事前にアポイントメントをお取りください。

 

Copyright(c)JMC. All Right Reserved.

新刊情報


学校認定校制度



商品プランナー認定 
本協会認定の教育課程を履修し単位修得した者に、学校の申請に基づき資格認定証を 授与